5%の緻密な計算と95%の思いつきで綴る、日々の雑感。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
FUJI ROCK FESTIVAL '04 REVIEW pt.3
■最終日:8月1日(日)
3日間で一番の天気。
夏らしい陽光ながら、時折吹く風が涼しくて気持ちいい。

MUM (14:20〜, WHITE STAGE)
実はそれほど期待せずに観に行ったんだけど、意外と良かった。
CDは丁寧に作り込んでいながらもどこか単調な感が否めなかったのに、
今回のライヴは、飽きることなく最後まで集中することができた。
というか、今回のライヴを観て初めて
彼らがCDで何をやりたかったのかが解ったような気がした。
評価:★★★★☆(★…1点、☆…0.5点 / 満点は5点)

サンボマスター (15:10〜, RED MARQUEE)
これ、きたねえよな〜。MCで客を引き込むのが上手すぎる!
普段聴かないような音楽なんだけど、魅力は充分伝わってきた。
ロック/パンクの持つ原始的な力を再認識させられた。
評価:★★★★☆

JET (17:20〜, GREEN STAGE)
決して悪くはないんだけど、まだGREEN STAGEで演る器じゃなかったのかもしれない。
RED MARQUEEくらいの規模だったら、もっとスゴイことになっていたと思うんだけど。
評価:★★★

KEANE (14:20〜, RED MARQUEE)
すげえいいよ!今年の2ndベスト・アクト!
CDでの繊細な音作りをブチ破るような、ライヴ独特のダイナミズム。
もっとヤワなイメージを勝手に持ってたけど、いい意味で裏切ってくれた。
評価:★★★★★

THINK OF ONE (20:20〜, ORANGE COURT)
ベルギーの音楽旅団にブラジルのコーラス隊が合体。
それなのに何故かインド音階を思わせるメロディー。
ライヴ・バンドらしく、ショーマンシップ溢れるパフォーマンスだった。
特に、あんなに目立ちたがるベーシストをオレは初めて見たよ。
普通はべースって地味なポジションなんだけど…。
評価:★★★★★

BELLE & SEBASTIAN (22:20〜, WHITE STAGE)
前日の中途半端なステージを払拭するような素晴らしいパフォーマンス!
リラックスした雰囲気の中、時折ジョークも飛ばすメンバーたち。
そして完成度の高い楽曲をさらに魅力あるものに仕立て上げる完璧なバンド・アンサンブルと、
緩やかな一体感でつながりながらそれに酔いしれる観客たち。
まさしくトリを飾るにふさわしい内容だった。
評価:★★★★★
| MUSIC系メモランダム | 23:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
昼まっからmum気持ちよさそだな〜(^-^)
| majumaju | 2004/09/22 12:48 AM |









http://junfeb21.jugem.cc/trackback/36
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ