5%の緻密な計算と95%の思いつきで綴る、日々の雑感。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2004年ベストCD
1. スーパーカー『ANSWER』
2. バーンサイド・プロジェクト『the networks, the circuits, the streams, the harmonies』
3. フランツ・フェルディナンド『Franz Ferdinand』
4. TRASHMONKEYS『The Maker』
5. OVERROCKET『OVERROCKET』
6. 岡村靖幸『Me-imi』
7. 石野卓球『TITLE #1』
8. キーン『HOPES AND FEARS』
9. □□□『□□□』
10. ザ・ポスタル・サーヴィス『GIVE UP』
11. アルバム・リーフ『In a safe place』
12. マンドゥ・ディアオ『HURRICANE BAR』
13. Thirteen Senses『The Invitation』
14. ジャココヤック『AM CYFAN DY PETHAU PRYDFERTH』
15. ZERO7『WHEN IT FALLS』
▼選考基準:
◎ベスト盤や企画コンピなどは対象外。
◎シングルは対象(今年はたまたま入ってないけど)。
◎DVD付アルバムなどのDVD部分については除外して考える。

▼総評:
◎今年は、エレクトロニカにポップス/ロックを融合させたような作品ばっかり聴いてました(1、2、5、10、11など)。2はライヴは全然良くなかったけど。
◎ライヴといえば、FUJI ROCKで観た3と8、サマソニで観た12はいずれも素晴らしかった。
◎一方、今後ライヴを観てみたいのは11。ムームあたりの北欧系好きは要チェックですよ。
◎あとは、まだ輸入盤しか出ていない4と13。
4は、3や12あたりが好きならハマると思う。音はハモンド多めで、もうちょいMODS寄りかな。(2〜3年ほど前にACID JAZZレーベルから同名のバンドがリリースしてるようだけど、同一バンドだろうか?)
13は、8やトラヴィスが好きな人向け。っていうか、モロかぶってるんですけど…。
◎そして、ついに完全復活を遂げたのが6。ほんと変態ですね、この人。
◎ここに載せた以外のアーティストでは、やっぱトラキャンかな。8年ぶりのニュー・アルバムはうれしかった!けど、いかんせん地味すぎですよ…。
| MUSIC系メモランダム | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:14 | - | - |









http://junfeb21.jugem.cc/trackback/50
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ