5%の緻密な計算と95%の思いつきで綴る、日々の雑感。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近買ったCD 06/02/25

ベル・アンド・セバスチャン 『THE LIFE PURSUIT』

「シンプルで暗いバンド・サウンドへと原点回帰している」というのが事前情報。
しかし、オレにはまったくそうは思えなかった。
むしろ、これほどまでに自信に満ちた力強い作品は、かつてなかったんじゃないかな?
「結成10年目の最高傑作」というキャッチフレーズには、完全支持を表明したい!
初期の頃が一番好きだというファンは確かに多いけど、
オレには今のベルセバの方が数倍魅力を感じる。

サウンド的には、ゾンビーズ、ホリーズ、マンフレッド・マン、ビートルズなど
60's〜70'sへのオマージュをより露骨に出した楽曲が増えている印象。
意外なところでは、T.レックスっぽいのまである。
が、最終的には、いずれの楽曲も“ベルセバらしさ”がフル充填されたサウンドに
帰結していて、そこが実に頼もしい。
繰り返し繰り返し、何度でも聴きたくなるアルバム。



ベンニ・ヘム・ヘム 『Benni Hemm Hemm』

果たして、これがアイスランドのバンドなのか…!
トーレ・ヨハンソンのプロデュース?と思わせるほど明るくてポップなサウンド。
ビョークやシガー・ロス、ムームらを聴きながら、アイスランドの音楽に対して
勝手に神秘的なイメージを抱いていたオレにとって、これは大きな驚きだった。

ベネディクト・H・ヘルマンソンを中心とするビッグ・バンドで、今作が1stアルバム。
オレが2005年ベストCDの中で挙げたStorsveit Nix Noltes(ストールスヴェイト・
ニックス・ノルテス)のメンバーからも4人が参加しているとか。
サウンド的には、Storsveit Nix Noltesほどトラディショナルな作風を
ストレートには出してなく、もう少しインディー・ポップ寄り。
また、今回のレコーディングには総勢12名がクレジットされているものの、
実際には30人ほどのメンバーが不定的に入れ替わっているらしい。
これって「秋葉原48」システムを採用してんの!?
FUJI ROCKの来日時には、何人で来るのだろう?
| MUSIC系メモランダム | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:50 | - | - |









http://junfeb21.jugem.cc/trackback/64
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ